ハチミツ物語

img_02

ハチミツと砂糖は、どっちも甘くて美味しいです。
なので、この二つは一緒なのかなと良く間違いますが、ぜんぜん別のものです。

両者は作られ方もまるで違います。

まず、ハチミツはどうやってできるのかというと、
ミツバチがあちこち外を飛び回って花の蜜を集めてきます。
その花の蜜を自分の体の中で唾液と混ぜて、ブドウ糖と果糖に変化させたものです。
ミツバチはこのほかにもプロポリスという巣を守るために必要な強力な殺菌作用のある物質も作り出します。

一方の砂糖はどうやってできるのかというと、ブドウ糖と果糖がいっしょになったものです。

二つの違いはそれだけでなく、体の中に入ったときです。

ハチミツは消化・吸収がいいため胃に負担がかかりません。
なので体力がないお年寄りや病気の人などにいいです。

純粋の生のハチミツは、熱処理も何も加えられていない天然のもの。
ミツバチが花から集めてきた花蜜、そのままです。
だから、体にとって滋養強壮剤になります。

含まれる栄養分が少ないので、熱が加えられると栄養分が全部飛んでしまうから、純粋の生ハチミツがいいです。
少量ながらビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています ハチミツは、肝臓の機能が強化させるという働きがあります。
ハチミツには、コリンという物資とパテントン酸という老化を防止するビタミンが含まれています。
ルーマニアのある医師は、肝臓病患者をハチミツを使って全快させたといいます。
アメリカのある大学の教授の研究によると、ハチミツを食べたからといって、血液の中の糖分の濃度が高まることはないということがわかりました。
ハチミツの糖分が、一定の血糖値を保つのなら、糖尿病の人にハチミツはいいです。
だから、ハチミツはダイエットにも効果的です。
ハチミツの糖分は。
ある一定の量しか血液中に吸収されないので、脂肪になって残ることが少ないからです。
ハチミツは、ほんとに大自然が私たち人に与えてくれた美味しくて、理想的な栄養食品のひとつです。
人の体に優しい健康食品です。