プロポリスで病気を予防する

img_02

予防医学は、今後ますます発展していくものと思われます。
大病になる前に、今までの食生活を見直し、生活習慣を改め、未然に防ぐということです。
最近、特にこのような考え方が見直されています。
西洋医学では、このような考え方を一時予防といいます。
近年、予防医学の考え方から、プロポリスの効果・効能を見直す医師が増え、治療の一環として、プロポリスを使っています。
昔からこのような考え方がありました。
病気の予防に対することわざは、たくさんあります、たとえば、「りんご一日1個食べれば医者いらず」「腹八分目に医者いらず」「大食短命」など。
これらは、すべて健康な人に対しての、大げさに言えば警告みたいなものです。
裏を返せば、人は、自分の体の健康に無頓着な人が多いということになります。
いつでも人は、健康なときにこそ、病気の予防について、真剣に考えることが大事です。
こういった予防医学が叫ばれる背景には、高齢化社会の到来が考えられます。
人の高齢化に伴って、治療の難しい病気が増えました。
西洋医学の考え方だけでは、対処できなくなってきたことがあげられます。
そこへ、国の政策が加わっています。
国民の医療煮は膨大で、ほんとに深刻です。
政府は、強い危機感を覚え、予防医学のスローガンを国民に強く投げかけています。
こういった時代の背景があり民間薬が注目をあび、政府が代替医療の研究に取り組んだのが、20世紀の終わりのことです。
代替医療は新しい医学です。
代替医療は、西洋医学以外、すべての療法のことで、アロマテラピー、ハーブ療法、免疫療法など。
プロポリスなどの健康食品も含まれます、このように、代替医療は、広範囲にわたっています。
その中でも特に大人気なのが、プロポリスのような健康食品です。
人は、毎日の食事から栄養を取るのが一番いいのですが、現代人は、忙しくて、食事をする時間さえもないくらいです。
食事を作ることが困難なお年よりもいます。
そのようなときに重宝するのがプロポリスのような健康食品です。
気軽で、手軽に栄養を補うことができます。

毎日健康に過ごすためにはこちらで紹介されている健康食品の青汁もおすすめです。


青汁の原材料は野菜なので、野菜不足といわれる現代人には是非摂っていただきたいです。