古代から知られていたプロポリスー高品質のブラジル産

img_02

プロポリスの効果・効能は古代から知られていました。
古代エジプトの時代までさかのぼります。

プロポリスはギリシャ語で、日本語の意味としては蜂の都市を支える柱という意味です。
ギリシャの哲学者「アリストテレス」は、多数本を残していますが、その中の動物記という本の中でプロポリスについての効果・効能を書き記しています。

その時代の医師によっても書き記されています。
医師によると、からだの中に入ったとげの摘出、神経症、皮膚病に効果的とされています。
古大エジプトではミイラづくりにプロポリスが利用されていました。
また、古代インカ帝国・アラビアでも薬として用いられてきました。

19世紀ごろには、外傷の治療薬として使われていました。
ブラジルでは、外傷の民間治療薬としてどこの薬局でも買えるのだそうです。

欧米ではプロポリスの研究が盛んで、この物質の効力は高く評価されています。
有効成分のフラボノイド・ミネラル、アミノ酸といった天然成分が豊富に入っています。
フラボノイドは体が酸化するのを防ぎ、病気の原因になる活性酸素を抑えます。
細胞機能が活発なり、免疫機能が高まるので、自然治癒力が強化します。

プロポリスは、特に、ブラジル産のものが高品質とされています。
どうしてなのかというと、まず第一にミツバチの性質にあります。
ほかの土地にいるミツバチよりもたくさんのプロポリスを集めてくる能力が高いです。

第二は、とても広いアマゾンの土地にはたくさんの薬草が茂っています。
ユーカリやアレクリンなど薬効のある食物がたくさんあり、その薬効がある稙物を食べて育ったミツバチの体液自体、薬効を含んでいます。
薬効を多く含んだ植物の花粉が集められ、薬効が含まれた樹皮にそのミツバチの唾液が混ぜられてできたプロポリスです。

第三には、アマゾン流域は亜熱帯で湿度がひじょうに高い土地です。
すると、強力な抗菌力のプロポリスが必要になるからです。
▼猫飼ってる方必見。キャットフードについて詳しくはこちら